各ハウスメーカーを調べてわかったこと

<PR>|お宝相互リンク|喜びの秘訣|スピーカーマトリックス|アンチエイジング |女性のためのエステサロン|WEBの経営相談はこちら|

一世一代の買い物、マイホームでは絶対に失敗をしたくなかったので、家を建てる前には相当多くのハウスメーカーを調べました。地元にはないハウスメーカーでも調べ、そこの個性を見ていきました。

そこで思ったのは、各ハウスメーカーが持っている特長や個性を活かした家作りをすべきだなということでした。同じ家を作る会社と言っても、得意分野と苦手分野があります。理数系の人に国語を教えてもらうより、文系の道一筋で実績もある人に教えてもらった方が良いはずです。

どこも比較的共通していたのは、耐震性があることや高気密高断熱の家が作れるということでした。耐震性は政府が安全な家を作るよう義務づけているということもありますが、高気密高断熱については疑問が残るものでした。というのも、数値としてC値やQ値を出しているハウスメーカーもありましたが、結局は注文住宅なんて一つ一つ違うのでその数字は違ってくるわけです。となるとやっぱり参考程度にしか見れなくて、実際にはそこまで言うほどでもなかったという口コミが出てくるのです。

個性として面白いなと印象に残っているのは、檜にとことんこだわった商品であったり、ペット重視の生活を送れる工夫満載の商品、地下室に特化しているから核シェルターだって配置できますよという会社でした。ある技術に特化していて、それを活かした家作りをしてもらえるのなら安心です。三菱地所ホームなんかは、三菱電機があるので電気系統に強かったり、パナホームはパナソニックと繋がっているのでここもその技術を応用できたりと、どこと協力しているのかなと調べるのも面白かったです。

一つのハウスメーカーに連絡をするともちろん自社で家を建ててほしいでしょうから、別の会社の良いところは聞けません。良い所だけ聞くとそこが良いように思えるので、連絡前にやっぱり自分である程度調べるべきだと思います。悪いことも含めて知れたら情報が豊かになります。

<Special Thanks>
|内職 アルバイト|SEOアクセスアップ相互リンク集|超SEO対策|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|JALカード住宅リフォーム総合情報

コメントを残す