外壁塗装用塗料の種類

●外壁用弾性塗料

〇塗料には、硬化した塗料が硬質なタイプのものと、弾性タイプのものがあります。塗装

しようとするものによって、どちらかのタイプを選択します。

〇外壁用の弾性仕上材は、モルタル壁の乾燥収縮から来る細かいクラック対策用ですが、

ある程度の膜厚に塗りこまないと、その効果を期待できません。したがって、この塗料の薄塗り仕上げは、ひび割れ対策にはほとんど効果がありません。

〇各メーカーからいろいろな特徴を持った製品が出ていますのでパンフレットを取り寄せその特徴を検討するといいでしょう。

※注意

外壁塗装の塗り替え塗装で壁の種類や既存塗膜の状況に関係なく、すべてその材料で塗ってしまう業者もたまにあります。

単層弾性仕上げ剤は後年度の為の刷毛目やローラー目が付きやすく、サイディングなどへの塗装では意匠が損なわれてしまいます。

 

●塗料の艶について

〇つやがあると、見た目がきれいで埃も付きにくい。

〇つやは控えめほうが落ち着いて高級感も得られる。

〇最近つや消しでも、汚れに強いタイプの塗料もありますので、一概につや消しは汚れや

すいとはいえなくなっています。

〇住宅の内部の場合は、あくまで嗜好の問題で選択してよいでしょう。

PR| 新築分譲住宅を探そう

1 2 3 30