中古住宅をリフォームする

最近の傾向としては、新築住宅を買うよりも中古住宅を購入してリフォームするという方法も増えてきています。その流れで工務店側の方でも、中古住宅のリフォームを得意とする専門集団を用意したりして施主の注文にきめ細かく対応できるようになっています。
しかし中古住宅を購入する際には、リフォームしやすい物件かどうかをよく見てから決めていないケースもあり、いざ専門家に見せると問題がいくつも浮上したというようなことも。こうしたトラブルを回避するためにも、購入の前にしっかりとチェックしておくことをおすすめします。
たとえば天井や壁にシミはないか、カビは生えていないか、おかしなニオイはしないかなどです。またいまははじめからバリアフリーの状態にしている住宅が多いのですが、そのような希望をしているのであれば、バリアフリーリフォームにしやすいかどうかもチェックポイント。間取りの問題でバリアフリーにするのが難しいケースもあるので、その場合は物件購入を避けたほうがいいこともあるでしょう。

コメントを残す